仕事と子育ての両立

仕事と子育ての両立は簡単なことではありません。

最近は専業主婦の割合減り、結婚して子どもを産んでからも仕事を続ける人が多いようです。

どんな工夫をすれば仕事と子育てをうまく両立することができるのでしょうか。

最近は核家族が一般的になりつつあり、そんな中で子育ても、仕事もというのは並大抵ではありません。

とくに大変なのが赤ちゃんや幼児、小学校低学年の児童のいる家庭です。

通っている保育園や小学校で、友達から病気をうつされてくることもあります。

急な事態に対応できる職場を選ばなければ仕事と子育てを両立することは難しいでしょう。

小学校中学年くらいになると子どもも体力がついてきて風邪をひいて休むことも減りますしが、スポーツや習い事などで休日に親が借りだされることも増えてくる時期です。

休みの日は少々大変ですが、子どもが小さい時よりは仕事と子育ての両立はしやすくなってくる時期です。

子どもが小さいうちは、何かと大変でしょう。

やらなければならないことが多いときは無理をせず、助けを借りながら事に当たることです。

家族全員で協力し合い、分担できることはやってもらいましょう。

各自治体にもファミリーサポートセンターなど子育てを助けてくれる機関がありますので、相談するのもひとつの方法です。

仕事と子育て、どちらもやっていくためには自分一人の力では限界がありますので、周囲の人の協力が不可欠になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク