求人広告の見方

たくさんの求人広告が、求人雑誌や新聞に掲載されています。

項目のどの部分を確認すべきか、把握できている人は多くはないようです。

就職先探しが初体験だという人は、求人広告の正しい見方で迷ってしまうことがあるといいます。

給与の種類についても、月給や日給の他に、日給月給というのもあります。

表示している金額は、手取りなのでしょうか、それとも額面なのでしょうか。

求人広告に表示している賃金額はたいていの場合、額面で書いてあります。

手取りでなく、額面の給料であったことに、会社に入ってから気がついたという人もいます。

後々になって問題にならないよう、給料面で確認したいことがあったら入社前に聞いておくことです。

厚生年金や健康保険に入っていない場合、求人広告の時点で社会保険等について全く書かれていなかったということもあります。

休日に関してもきちんと理解しておきましょう。

求人広告の休日表記には、完全週休2日制と週休2日制がありますが、この2つは同じ意味ではありません。

週休2日制というのは、基本的に1週間に2日休みがありますが、週によっては1日の場合もあります。

完全週休2日制になると毎週必ず2日の休みという事なので、同じ事を表しているようですが実は異なった休日制度なのです。

まだ就職が決定していないのに、休日日数や給料の金額を聞くのはためらいがあるかもしれませんが、入社後のトラブルを防ぐには求人広告に書かれていない情報の確認は大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク