求人広告の待遇について

働き口が決まった人の中には、求人広告から受けた印象と、実際の職場環境との間に差がありすぎたという人もいます。

給料面でも求人広告の内容を大きく下回っているという人もいるようです。

会社によっては、試用期間の3カ月間の給料は、求人広告より安いということもあります。

雇用保険や社会保険は正規に採用されなければ加入しないといったケースも見かけます。

求人広告に表示されていた給料が手取り額だと勘違いしている人もいます。

総支給額から税金や保険などが引かれて後の手取り金額を見て、愕然とした人もいるそうです。

手元に来る給料は、本来、税金などが引かれたものであると知っていれば、質問のしようもあります。

報酬がどんな仕組みになっているか、知識を持っておくことです。

給料額がとても高額な求人もあります。

誰もがお金をたくさん稼げるようにも見えますが、実際のところは売上げによって給料が決まる歩合制ということもあります。

求人広告の情報だけを鵜呑みにせず、雇用契約書を交わす時には、歩合なのか固定給なのか割合はどれくらいなのかをはっきりとしておかなければなりません。

求人広告と現実の給料があまりにも違うと言う事は、求人をする企業側からすると避けなくてはいけない事ですが、実際にはこういう企業もたくさんあります。

収入や休日などの労働条件についての質問は、マイナス評価にならないかと心配な面もあります。

仕事を辞める人の多くが、待遇の不満を挙げています。

自分の希望に沿ったものかどうか、求人広告の段階で気づけるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク