転職活動時において自己PRの練習をするには

自己PRを用意をする時には、実際に話をしながら録音して聞いてみるといいでしょう。

録音して、自分の自己PRを聞いてみることは、効果の高い方法といえます。

事前に自己PRの練習をする人は多いと思いますが、どういう方法で練習をするかは、個人差があります。

しかし、録音までしてチェックしているという人は案外と少ないようです。

話をしている自分自身を客観的に見る機会は少ないので、録音をして話し方を聞くと、改善点を見出しやすくなります。

録音された声を確認することで、声の明るさや速さが分かります。

面接で高く評価してもらえない理由が、口調や話癖にあったという場合もあります。

とはいえ、話し方はわずかな注意づけで変化が出ますので、どう切りかえるべきかがわかれば後は簡単です。

重要なことは、急ぎすぎないことと、丁寧に発声することです。

きちんとした人間だと、担当者に思ってもらうためには、声量を意識しつつ、急ぎ足にならない話し方をすることです。

自分の中ではゆっくりだと感じるくらいのスピードで話をすることで、聞きとりやすい話し口調になれます。

まずは、転職を決めるためにも、自己PRの練習として自分の声を録音してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク