転職時に役立つ履歴書の書き方について

納得のいく転職活動をするためには、履歴書には何を書くといいでしょう。

転職活動をクリアするための最初の関門は、履歴書の作成です。

人当たりがよく、能力が高い人でも、履歴書を書きそこなうと転職はうまくいきません。

会社に行く前の段階で、履歴書審査で落とされるということになっては残念です。

履歴書に目を通した人に、この人物と話をしてみたいという印象を与えるようなものが理想です。

一つの会社に長く勤めていないような人の履歴書は、また辞めてしまうかもという印象を与えます。

面接時であれば理由を伝えることが出来ますが、履歴書では難しいものがあります。

様々な職場を経験したことで知見を積んでいることを、プラスに印象づけるように、志望動機の欄などを工夫しましょう。

これまでの行動をトータルで振り返ったときに、何ができ上がったかを書くようにします。

動機欄に書くことは、ポジティブなことになるようにします。

転職活動では、履歴書だけでなく、職務経歴書も作成することがあります。

会社をどんどん変えてきた人でも、一貫した信念や考え方があれば、筋の通った人に見えます。

評価につながる内容を記載した履歴書を作って、書類選考をぜひとも突破していただきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク