求人広告の種類と特徴について

新規に人材を採用するには人材募集の公告を出す必要がありますが、その内容をどうするかは悩みどころではないでしょうか。

求人広告にはいくつか種類があり、採用したい人材によって、適している方法はことなります。

広告の作り方は閲覧媒体によっても大きく異なっていますので、まず基本的な違いを把握するようにしましょう。

特徴を調べた上で求人広告を出すかどうかで、応募者の数や人材の質に差が出てくるのです。

採用したい人材が、一定の地域に住む人であるなら、新聞を利用した求人広告が向いています。

新聞は情報の信頼度も高いため、多くの応募が期待できます。

フリーペーパー形式の求人情報誌は、商店街や、繁華街など、人通りの多いところで目にします。

タダで配られているために、軽い気持ちで手にする人が多いため、フリーペーパーからの応募者層は若い人が多くなる傾向があります。

20代や学生が多な読者となるので、正社員よりもアルバイトやパートの求人広告を出す時に向いています。

フリーペーパーや、新聞に求人を掲載する場合、それらが網羅している範囲以外のところには求人情報が届きません。

もっと広い地域に多くの人に見てもらうためには、インターネット上の求人サイトがおすすめです。

できるだけ多くの人の目にとまるように求人を出したいなら、全国各地の人が誰でも閲覧できるように、インターネットの求人サイトを活用しましょう。

掲示した求人広告に、自社のニーズにマッチした人ができるだけ多く応募してくれるように、広告手段も検討しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク