求人広告による人材募集をする時には

近年では、インターネットで求人広告を出すケースが増えているようです。

できるだけたくさんの人に求人広告を見てもらいたいならインターネットの求人サイトはとても便利ですし、応答もスピーディになるという長所があります。

何しろインターネット求人に対する応募は、その場で誰とも会話することなくできるので、応募する側に手軽さが加わります。

気になる求人があったらチェックしておき、求人情報画面から応募手続きをすることもできるので、気軽に手続きができます。

短い時間で、たくさんの人に情報を見てもらえますし、求人を出すとすぐに応募が得られるので、企業としても利点があります。

ただし、ネットの求人サイトの場合は、情報が古かったり、簡単に応募操作ができる分内容があやふやなことがあります。

ネット上の求人サイトに不安を感じるという場合には、従来からある新聞広告やハローワークの利用をおすすめします。

地元出身者から応募を募りたいという企業の場合は、配布地域が限られている新聞広告のほうが都合がいいようです。

ハローワークは公共機関なので無料で利用できますが、求人広告は掲載費用が必要になります。

求人広告を熱心に出しているにもかかわらず、昨今の人材不足が原因で、期待するほどの応募者が来てくれないというケースがあります。

せっかくお金を支払って求人広告を出しているのに、なかなか応募が来ないと、求人にお金を費やしている意味がありません。

広告掲載費が無駄にならないように、求人広告を出す時には内容を吟味するだけでなく、新聞やハローワークなど何に出すかも考慮してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク