求人広告を掲載する時に注意すべき点について

求人広告を出す時には、募集要項を見やすく整理して、誤解がないようにしておくことが重要になります。

応募する側が確認したい情報と、求人を出す企業側が提示する情報にはミスマッチがあることが少なくありません。

求人を出す理由や、詳細な仕事の内容、必要となる能力などを書いておくことも参考になります。

求める人物像に合致する人がなかなか来ないのは、求人情報が不明瞭だからということがあります。

どういう人材を必要として求人を出したのかがそもそも不正確だったために、優秀な人材を得られずに終わるということがあります。

この頃の求人募集では、まず企業側から情報を出し、その条件に合致する人に来てもらうという方法が主流になっています。

最近は、応募者に対して求人のほうが多くなっており、優秀な人材を確保するためには企業側の努力が必須という状況になっています。

訴求力があり、会社の魅力を十分に発信できるような求人広告を出さなければ、優秀な人ほど他社に流れてしまいます。

年間休日数や、福利厚生についての記載の仕方も、給与の書き方同様、求人広告では大事なポイントです。

新しく仕事を探している人の中には、給与以上に、休日がどのくらい得られるかや、残業時間がどのくらいになりそうかを気にする人もいます。

多くの人に応募してもらいたいからといって、実態と異なる条件や仕事内容を提示すると、後日になってトラブルを引きおこしますので注意しましょう。

詳細な条件にわざと踏み込まないような求人広告を作成していると、後ろ暗いことがあるのではないかと思われてしまいますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク