面接による選考を経て採用が決定される

求人応募に対しては、書類審査をしてから、採用面接をするという段取りが一般的です。

会社の主催するセミナーや、就職サイトの応募フォームからエントリーシートを出すことが、最初のステップです。

採用面接を受けるためには、まず、書類審査を突破する必要があります。

履歴書やエントリーシートの審査だけでなく、簡単な学力テストや、作文審査をしている企業も存在します。

ただし、学力テストに関しては義務教育程度の学力を確認する程度のものであり、それほど難しい内容にはなりません。

大抵の会社は、面接をして直接応募者と会った上で、判断をする傾向があります。

基本的に、新卒者への面接と数度に分けて行います。

一回目は人事の担当や採用部門の管理者による面接で、2度目以降は部長級や、幹部級の社員が面接官として登場します。

基本的に、人事担当者が面接に関して取り仕切っているものですが、専門職や、技術職になると、その部門の担当者が最初から面接に参加し、専門的な話をすることもあります。

採用面接の場で質問されることが多いスタンダードな話題などもありますので、心の準備をしっかりして、聞かれそうなことの答えをまとめておきます。

人事としての仕事を毎年続けていると、採用後の活躍が期待できそうな人と、無難な受け答えのみに終始していて個性が感じ取れないという人との識別は、容易にいくようになります。

普段から、どういう価値観で生きているのかを突き詰めて考えたることで、揺らがない自分なりの考え方を持てるようになるでしょう。

普段から、生活習慣の改善や、人と接する時の態度などに気をつけておくことで、面接の場でも面接対策以上の効果を上げることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク