コネを利用した就職活動と求人募集について

相手の人格を保証してくれる人がいることはありがたいため、企業が縁故採用を行うことは少なくありません。

コネを持っていると就職しやすいという話は多く、有力なコネがない人にとっては、コネ入社ができることが不合理に感じることもあります。

コネを利用して就職するのは法律で禁止されているわけでは無いので、罰せられることはありません。

コネ入社が原因でトラブルが発生することがあるとすれば、その人がうまく仕事ができない時です。

そもそも就職出来る能力があれば、コネを使う必要性はありませんが、能力があってもコネがなければ、希望する仕事に就けない場合も少なくありません。

その会社に対して信用力がある人が、人間性を保証してくれることがコネの強みです。

企業が必要とする信頼できる人材という条件を満たせるためです。

企業側は、新しい人材を募集する時にハローワークやネットの求人広告などを使いますが、信頼できる人物か吟味する際に学歴などを参考にしているようです。

いい学校を卒業していると就職試験に有利になりますが、それは、出身校が一種のコネとして機能しているからです。

コネには知人や取引先など様々ですが、企業へ毎年安定的に人材を供給する学校こそが、最も強力なコネになっているとも言えます。

大会社の場合、出身学校によって派閥ができることがあり、出世にも影響することがありす。

就職してしまうと、学校と疎遠になる人が多いですが、人脈を拡げる上でも、母校のネットワークは大切にしておくことが望ましいです。

仕事を探す時に、コネを使うことは卑怯なものだと感じる人もいますが、コネを活かした活動は意外と重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク