就職活動は時代とともに変化している

就職活動を就活という表現をすることは現在では珍しくなくなっていますが、活動内容自体は、ほぼ同じものといえるでしょう。

就職活動は通常、学生や失業者、若しくは就業中の者が職に就くために行うことを言います。

現時点で職に就いている人が、新たな職場を求めて活動をする時は、転職活動という表現になります。

就職活動をしている学生のことは新卒という言い方をします。

大学生の他、短大生、専門学校生も含みます。

一旦学校を卒業し、インターバルがある人は、就職活動をする時には既卒者という表現が使われます。

既卒者の就職活動は、新卒者より条件が難しくなることがありますので、可能なら新卒者の段階で就職先を決めてしまいましょう。

終身雇用制や、年功序列制が当たり前だった時代なら、就職先が決まったら、定年するまで仕事は辞めずに働くものでした。

一度入社した会社を途中で退職して、新しい会社に転職することは、あまり良いイメージを持たれていませんでした。

転職をする人が多くなった昨今では、同じ会社に勤めていればいいというものではないという考え方に移行しつつあります。

新卒で仕事を始めてから3年以下で仕事をやめる人も増えてきて、第二新卒という言葉でそういう人達を表現するようにもなっています。

就職活動では面接がつきものですが、インターネット上で面接を行う企業や、独自の質問を準備している企業など、試験のやり方も多様化しています。

時代の変遷とともに仕事のスタイルは変化していますので、就職活動をしている人への企業の求める内容も異なるものになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク