転職における履歴書の書き方と重要なポイント

転職活動をする時に必ず必要となる履歴書ですが、学歴や職歴を記述するだけのものではありません。

履歴書を書く際に、重要視しておきたいポイントがいくつかあります。

最近では、一度ついた仕事でも、機に応じて転職をすることが普通になっているようです。

以前はマイナスイメージのあった転職も、いまでは自分自身のステップアップとして有効な手段として考えられています。

多くの会社では面接試験をする前に、履歴書によって選考をするので、転職活動において、最初に重要になってくるのが履歴書です。

転職を成功させる履歴書や、職務経歴書の書き方について知りたい場合は、ネットや書籍で関連している文章に目を通してみると役に立つでしょう。

もちろん、こうした履歴書の参考例をそのままコピーするようでは、採用担当者にはすぐにばれてしまうので注意が必要です。

履歴書審査に通りやすい、人事担当者の評価を得ることのできる履歴書には、どんなことに気を付けて記載しなければならないのでしょうか。

転職時に履歴書の書き方で注意をすべきことは、職歴をどうまとめて、自己アピールの題材に活用するかです。

転職を希望している業界に対して、メリットのある資格を持っているのかどうかも評価の分かれる点です。

希望する職種に対して、自分自身の長所短所を自己分析したうえで、適性があるかどうかをきちんと確認しておくことも大切です。

履歴書は、あくまで次のステップにつなげるためのものです。

自分について顧みて、企業にどう自分を売り込んでいくかの基本にもなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク