転職活動時における面接試験の辞退について

転職活動中は複数の企業との面接を掛け持つ事になるため、面接日時が重なってしまうことも考えられます。

時には、既に採用が決まったことで、やりかけの採用試験では次の段階に進む必要がなくなってしまうこともあります。

もしも採用が決まった企業が本命であった場合には、それ以外の企業との面接を辞退する必要が出できます。

相手への礼を失しないようにしながら、次の面接日を辞退することになった場合は、どういう話し方がいいでしょうか。

採用が決まったために、今受けている面接を辞退したい時は、速やかに連絡をしまょう。

連絡を先延ばしにして、ぎりぎりまで何も言わないという態度はよくありません。

前日や当日のキャンセルは問題です。

もちろん何も連絡をせずに辞退するということは、社会人としてマナー違反になるので、連絡は必ずするようにしましょう。

相手の手を必要以上にわずらわせないためにも、連絡は早ければ早いほうがいいでしょう。

面接試験の辞退の連絡に関しては、メールもしくは電話のいずれでも可能だとは言われていますが、メールで連絡をした場合は、その後に電話でフォローの連絡を入れておくとより丁寧な対応になります。

転職をしたいと思っていた会社が同業社だったり、将来的に顔を合わせる可能性がある会社なら、今のうちからいい印象を抱いてもらったほうがいいでしょう。

なぜ面接を辞退するのか、電話口の場合は聞れる可能性もありますが、ありのままを話しても問題にはなりません。

と事実をそのまま話してしまっても、本人に落ち度はありませんので、聞かれたままに回答するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク