女性が仕事をしやすい環境を整えていくことが必要

女性の社会進出や就業率が高くなってはいるものの、女性を取り巻く環境は依然に厳しいものがあります。

男性と肩を並べて働きたいと思っても、妊娠から出産、子育て、家族との関わりが、フルタイムでの仕事を困難にします。

家事や育児などと仕事を両立させていくのは大変なことです。

男性も子育てを一緒にやるという価値観が形成されつつありますが、やはり女性が中心になって家事や育児は行うという不文律は健在です。

経済活動をより潤いしていくためにも、女性の積極的な活用は必要になっていくことでしょう。

しかし、生活の一番基本である家庭内をないがしろにしては元も子もありません。

まずは女性が安心して仕事が続けられるような、生活環境を整えていくことが大切です。

女性が仕事に専念できるようにするには、育児のことや、家のことを助けられる仕組みが必須です。

企業のなかには保育園などの設備があるところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。

仕事をする女性を増やしたいと思うならば、家事や子育てへの支援を手厚くした上で、働き口を増やして、仕事が続けられる環境を整える必要があります。

多くの女性はやることが多すぎる中、何とか時間を工面して、工夫しながら仕事をしています。

女性が仕事をしやすい職場環境を整えるには、会社の理解と協力が今後は課題になっていくことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク