面接で好印象を与える為のアドバイス

初めて顔を合わせた時に、好印象を相手に与えることができたかどうかは、面接の場ではとても大事です。

それぐらい、面接試験での第一印象は大切なものなので、少しぐらいは大丈夫などど安易に考えていてはいけません。

外見がよければ、人格もいいという保証はどこにもないですが、実際問題として、面接では外見はとても大事です。

面接試験の当日に着て行く服や靴も、シワや汚れのない綺麗な物に身を包み、身だしなみもしっかりと整えます。

発汗量が多い人は、汗対策が必要になりますが、デオドラントの使いすぎはよくないこともあります。

面接の場では、互いの顔を見て話すことになりますので、にこやかな表情はとても重要です。

外見は、時に心のありかたを反映するものだということは、覚えておきましょう。

どれだけ身支度を整え、清潔な服や靴に身を纏い、素敵な笑顔で接したとしても、身体の状態は見た目に表れます。

態度が硬くなってしまい、笑顔が維持できなくなることは自然なことですが、徹夜続きだったり、摂生な生活をしていると、ぱっと見でわかるような見た目になります。

心の状態、身体の状態という心身ともに元気な状態で面接に臨むことで、元気で爽やかな印象を与えることが出来ます。

規則正しくバランスのとれた食事や、適度な運動、十分な睡眠なとで、健康状態を確保することです。

多くの人が、採用面接では緊張してしまい、普段の自分を出し切れないことがありますが、心身の準備を整えておくことが重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク