スカウトや紹介による転職について

転職のきっかけは人によって様々ですが、中にはスカウトで転職をしたという人もいます。

一般的に、スカウトといえば別の会社から誘いを受けて、今の会社を辞めて転職をすることです。

営業職など、社外で活動すする人はスカウトされる機会が多く、管理職としてスカウトされることもあります。

商談をしていくうちに力量を相手先が認めるようになり、ぜひ自分の会社に欲しい人材だと評価されて、スカウトに至るケースがあります。

基本的には、スカウトとは今よりいい待遇や条件を持ち出すことで、スカウトされた側が会社を移りやすい状況をつくってきます。

相手が好条件を提示してきてくれている時に転職をすることができれば、自分にとっても歓迎できる話といえるでしょう。

スカウトがきっかけになる他には、転職のきっかけとしては友人や知人の企業に伴って声をかけられることもあります。

相手によってはノーと言いづらいと感じてしまうこともありますが、自分の責任で判断が下せるように、熟慮の末に決めるようにしましょう。

紹介による転職は、人手不足を補うために、ノウハウがありそうな人なら何でもいいということも、決して珍しくはないようです。

誰でも良いという点がスカウトとは異なるので、たとえ待遇が良かったとしても、慎重に判断するべきです。

どんな事情であれ、転職を考える時には、転職先の会社がどういったところなのかをじっくり調べる必要があります。

後悔はしないのかどうか、他人からの働きかけで転職を考えるようになったとしても、最後の最後での決断は自分ですることが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク