転職で面接を受ける際の動機の説明

大抵の人が、転職をしようと思った動機は、正直なところを言えば、今の会社が嫌になったり、苦痛に感じるようになったことからのようです。

人間関係、給料面のほかにも職場の雰囲気など、今現在勤務している会社で、どうしても我慢できないことが、転職の動機になる場合もあります。

とはいえ、今の仕事に特に不満はないけれど、ちょっとした弾みで魅力的な会社の存在知り、転職を希望するようになったという動機もあります。

あるいは、現在の仕事より期待度の大きい、技術や経験が求められる仕事に挑戦してみたくなったという方もいます。

これまでどんな仕事をしていて、将来的にどんな仕事をしたいと思っているかでも、転職の動機は違いがあります。

ですが、新規に人を雇い入れようとしている会社サイドに足ってみれば、長く勤めることができる人が欲しいものです。

会社としては、前の会社を自己本位な理由で辞めてきたような人は、また辞めてしまうのではないかと警戒します。

転職で面接を受ける際に気をつける点は、たとえ本当のことであったとしても、絶対に前の会社の不平不満を言わないことが大切です。

反対に、以前の会社ではこういうプラスの経験を積んできたという肯定的な話をするようにします。

面接を攻略するための書籍は色々と出版されていますが、内容を鵜呑みにしすぎないように注意しましょう。

面接マニュアルに目を通したとしても、一言一句まるのではなく、自分の言葉を適度に挟むことなの。

なぜこの会社への転職を希望しているのか、新たしい職場でどんなことを実現していきたいのか、前向きな言葉で語れるように準備を整えておくことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク