転職の動機を面接で伝える方法

転職を成功させるためには、なぜ転職をすることにしたか、動機をどう話すかが重要になります。

採用面接ではほぼ聞かれることですから、どう答えるかは決めておきたいところでしょう。

まず、動機を語る時には、マイナスになる事柄は口にしないようにしましょう。

面接では、今の職場に苦手な人がいたとか、嫌な相手と問題が起きたという話は、転職を失敗させそこすれ、成功に導くことはありません。

仕事が簡単そうだとか、給料がよさそうだとか、自分にとっての真実の動機を話したからといって、好感度がアップするとは限りません。

後ろ向きな理由で転職活動をスタートした人の場合、次の仕事についても、同じようなトラブルを起こして、また次の仕事に行くと考えられがちです。

後ろ向きな理由で仕事をやめて、次の仕事を探しているという人は、少なくとも採用面接の場では、それは言わないことです。

可能なら、前の仕事で得た実績やスキルを、次の会社でどういう形で活用していけるかを動機の中に混ぜ込むほうが、いい印象を持たれやすいでしょう。

転職活動の場合は、業種が全く違う会社への応募をすることがありますので、知識や経験が生かしづらいところもあります。

今の仕事を何も知らないことで、理解が早くなるということもあります。

事実をそのまま話すことと、自分に不利なことを話さないことは、面接を受ける時に両立できることです。

同じできごとでも、表現の仕方を工夫することで、前向きな動機や理由に置きかえることが可能ですので、面接時までに方針を決めておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク