仕事を辞める時期の決め方

仕事を辞める時は、人によって色々です。

結婚や、キャリアアップや、地元に帰るなど。

一般的な退職時期とはいつでしょう。

昔から、日本では終身雇用制度が一般的でした。

始めて勤め始めた会社で、定年までいることは、ごく普通のことでした。

定年前に退職することは、少し前までは滅多にない話でしたが、最近では退職や、中途採用が、ありふれた話になっています。

ただし、今の自分の仕事を次の人に伝えたり、社内の関係者や取引先に挨拶をしたり、会社での風習やものの考え方によって、退職は神経を使う作業になりえます。

会社の関係を壊さずに、いい関係を築きながら仕事を辞めるという時に、すべきことは何でしょうか。

どのタイミングで退職をする場合でも、不測の事態が起きているというわけでもなければ、できるだけ早いうちから退職をいつにするのかを明確にして、予定を組むようにすることです。

仕事の引き継ぎについて用意を済ませておいたり、身辺的な準備を終わらせたり、上司の話を通しておくなど、しておいたほうがいいことはいろいろです。

また、会社側からしても、自分からしても、いつ頃の退職が都合がいいものかを、じっくり見極めるようにしましょう。

この時、仕事を辞めるべき時期と、自分の意向が固まった時期との間隔が短いと、悩む間もなく辞めるべき時期が決定してしまいます。

企業の仕事は、年間を通して一定ではありません。

多忙な時期に退職する人がいると、仕事が倍加しますので、望まれません。

ボーナスが間近に迫っている場合、ボーナスを受け取ってから仕事を辞めるという段取りにすれば、ボーナス前に辞めるよりお得です。

人事異動に合わせて仕事を辞めたり、お盆や年末年始の休暇で辞めることで、自分が辞めるタイミングと、周りの人が休みに突入するタイミングを一緒にして、スムーズに仕事を辞めるという方法もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク