時代とともに変化した女性の仕事への意識

格差社会が進み、仕事のスタイルも多様化している近年では、女性の働く場所の多様化が一層進んでいます。

女性は結婚後は専業主婦になるという価値観が一般的だったころは、女性の仕事は数年単位のものでした。

就職氷河期と呼ばれる不況の時代がありましたが、その時の女性はつきたい仕事を放棄し、就職可能なところで働きました。

多くの女性は仕事についても長くは勤めずに、いずれは専業主婦になって子育てに従事するというものでした。

最近では、経済情勢の低迷が関わっていることもあり、正社員で働く人の割合が減少しています。

景気の先行きが見えず不透明の中で、世の中は正社員では無く、非正規雇用による採用が増えてきました。

景気が悪く、会社の経営も危うい状態が続くと、会社の都合で非正規雇用の人は簡単に契約を打ち切られてしまいます。

正社員として安定した身分と収入が保証されている男性が減少すると、女性も専業主婦でいることが困難になります。

そのため、女性も男性同様に仕事をしているという人が増加してきています。

仕事ができる年代の人口が減り始めている近年では、女性も労働力として重要な役割が期待されています。

どの企業も、女性にとって仕事がしやすい環境をつくろうと、産休制度や、育休制度などを充実させようとしています。

時代の移り変わりとともに女性の仕事に対する意識も昔と比べて随分と変化してきていることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク